WordPressのサイトデータをプラグインだけで復元してみた!

WordPressのサイトデータをプラグインだけで復元してみた! WordPress

WordPress上で動作するブログの画面が、なにかの拍子に真っ白になったり、テーマに問題が発生してブログが使えなくなった時に、バックアップデータから復元できることが重要となります。

WordPressの管理者画面で簡単にバックアップができるプラグインは幾つかありますが、復元が簡単にできるプラグインとなるとあまりありません。(得てして復元が難しいものが多い)

その中でも、バックアップ、復元ともWordPressの管理者画面から簡単にできるプラグインとして「UpdraftPlus」というのがあるので、このプラグインを使って実際に復元してみました。

できるだけ簡単に復元したい人には参考になるかと思います。

この記事で紹介するのは、「UpdraftPlus」を使って同じWordPressサイトにデータを復元する手順となります。

違うWordPressサイトにデータを移行(引っ越し)する場合は、有償版の「UpdraftPlus」を使わないとできません。

データ移行の場合は、「All-in-One WP Migration」(無償版)というプラグインが使えるので、こちらを利用してください。
※ただし、無償版では移行データ(インポート)のサイズは上限512MBの制限あり。

WordPressのサイトデータをバックアップする

復元するためには、あらかじめ「UpdraftPlus」を使ってバックアップしておく必要があります。

バックアップの手順は以下の通り。

バックアップ/復元プラグイン「UpdraftPlus」をインストール

WordPressの管理画面にログインし、左のメニューから「プラグイン」→「新規追加」をクリック。

WordPressプラグイン「All-in-One WP Migration」を使ってエクスポート(バックアップ)

 

キーワードのところに、「UpdraftPlus」を入力すると勝手に検索されるので、「いますぐインストール」をクリック。「UpdraftPlus」を使ってWordPressのサイトデータをバックアップ

 

インストールが完了したら、「有効化」をクリック。

「UpdraftPlus」を使ってWordPressのサイトデータをバックアップ

 

次の画面が表示されるので「スタートするにはここをクリック」をクリック。

「UpdraftPlus」を使ってWordPressのサイトデータをバックアップ

上記画面が表示されない場合は、管理者画面の左のメニューから「設定」→「UpdraftPlusバックアップ」をクリック。
「UpdraftPlus」を使ってWordPressのサイトデータをバックアップ

 

プラグイン「UpdraftPlus」を使ってバックアップする

続いて、バックアップしてみます。

「今すぐバックアップ」をクリック。

「UpdraftPlus」を使ってWordPressのサイトデータをバックアップ

 

再度「今すぐバックアップ」をクリックすると、バックアップが開始されます。

「UpdraftPlus」を使ってWordPressのサイトデータをバックアップ

ちなみに、上の画面の赤い○の部分をクリックすると、以下の画面になりますが、標準では全てのデータをバックアップする指定となっています。
「UpdraftPlus」を使ってWordPressのサイトデータをバックアップ

 

バックアップが無事完了すると、以下の画面が表示されます。

「UpdraftPlus」を使ってWordPressのサイトデータをバックアップ

これで、バックアップは完了です。

プラグインで同じWordPressサイトにバックアップデータを復元させる

バックアップができたので、バックアップデータを使って復元してみます。

 

(1) 管理者画面の左のメニューから「設定」→「UpdraftPlusバックアップ」をクリック。
「UpdraftPlus」を使ってWordPressのサイトデータをバックアップ

 

(2) バックアップ済のデータが確認できるので、「復元」をクリック。

「UpdraftPlus」を使ってWordPressのサイトデータを復元

 

(3) 全てのデータを復元するので、全てにチェックをつけて、「次」をクリック。

「UpdraftPlus」を使ってWordPressのサイトデータをバックアップ

 

(4) 「復元」をクリックすると、復元が開始されます。

「UpdraftPlus」を使ってWordPressのサイトデータをバックアップ

 

(5) この時、次の画面が表示される場合がありますが、「古いディレクトリを削除」をクリック。

「UpdraftPlus」を使ってWordPressのサイトデータをバックアップ

「UpdraftPlus」は復元するたびに、上書きされる古いデータのバックアップを取ります。
なので、2回目以降の復元では必ず上記画面が表示されます。(エラーが発生しているわけではありません)

 

(6) 古いディレクトリが削除されるので、「UpdraftPlus設定に戻る」をクリック。

「UpdraftPlus」を使ってWordPressのサイトデータをバックアップ

 

再度、「(2) バックアップ済のデータが確認できるので、「復元」をクリック。」からやり直します。

今度は、「(4) 「復元」をクリックすると、復元が開始されます。」では、次の画面が表示されて復元が成功します。

「UpdraftPlus」を使ってWordPressのサイトデータをバックアップ

 

最後に、「UpdraftPlus設定に戻る」をクリックして、復元は完了となります。

※管理者ページのログイン画面に移動する場合がありますが、ログインしてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました