WordPressとCocoonを同時にバージョンアップしてみる

WordPressとCocoonを同時にバージョンアップ Cocoon

僕のアドセンスブログは、WordPress、Cocoonともかなり古いバージョンのままです。(このブログじゃありません)

バージョンアップをやろうやろうと思いつつ、放置していて今に至るわけですが、さすがにバージョンアップをしないわけにはいかなくなり、やっと重い腰をあげることにしました。

でも、かなり古いんですよね。

WordPressが4.9で、Cocoonは1.8。

WordPressをこのバージョンから一気に現在の5.7にバージョンアップすると、なにかエラーが出て、最悪元に戻せなくなるような悪い予感がします。

なので、ちょっとしたバージョンアップ計画をたてて、事前に予行練習のようなことができればちょっとは安心して、本番のバージョンアップに臨めるのではないかと思います。

事前練習用にローカルPCにWordPressの環境を作る

いきなり、運営しているアドセンスブログのWordPress+Cocoonをバージョンアップするのは怖いので、自分のPCにWordPress(4.9)の環境を作って、そこでバージョンアップを試して問題がないかを確認しょうかと思う。

そのために、次の手順でWordPressの環境を自分のPCに作る予定。

  1. VirtualBox(仮想化アプリ)をインストール
  2. VirtualBoxにCentOS7をインストール
  3. CentOS7にWordPress(4.9)をインストール

ちょっとずつでも、頑張って進めよう。

自分のPCにWordPress5.7+Cocoon2.2.8の環境を構築

自分のPCに、VirtualBoxインストール→CentOS7インストール→WordPress→Cocoonインストールと順番に進めたけど、Cocoonの設定で内容が表示されずタブしか表示されない現象が出た。

結局、PHPの諸々のライブラリがインストールされていないのが原因だったみたいだけど、なんとかCocoonの設定が表示されるようになって、スキンを適用してページもちゃんと表示できる状態になった。

久々に、CentOSからインストールしたから、いろんなところでつまづきました。

ここまでの作業をちょっとまとめて記事にしよう。

「All-in-One WP Migration」を使って自分のPCにWordPressのデータを移行してみた

簡単にバックアップ/復元ができるプラグインがないかと探していたら、どうやら「All-in-One WP Migration」というのがいけそう。(インポートデータが512MBまでの制限あり)

ひとまず、「All-in-One WP Migration」が本当に簡単に移行できるのか試してみたくて、お試し的にこのブログのデータ(WordPress+テーマCocoon)を自分のPCに移行してみた。

 

プラグイン自体は問題なかったんだけど、その後にページが「Not Found」になる問題が発生して、やっとこさ表示できるようになった。

実は、「All-in-One WP Migration」には問題点が1つあって、512MBを超えるデータのインポートは無償版ではできない。

512MBって結構なサイズなので普通の(?)ブログでは問題にならないかもしれないけど、僕が最終目標にしているアドセンスブログは240記事もあって、画像もかなり使っているので、おそらく、512MBは超えると思う。

そうなった場合に、一番容量をくっている画像(メディアライブラリ)を除外して「All-in-One WP Migration」でエクスポートさせる。

これだとおそらく512MB以内に収まると思うので、「All-in-One WP Migration」でインポートした後に、手動で画像をインポート(アップロード)するしかなさそう。

まずは、アドセンスブログのインポートサイズがどの程度なのかを調べてみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました