収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルの問題を修正

Google

今日アドセンス管理画面にログインしたら、「Earnings at risk – You need to fix some ads.txt file issues to avoid severe impact to your revenue.]という警告(?)が表示されていた。

さっそく翻訳させてみると、

リスクのある収益 – 収益への深刻な影響を避けるために、いくつかのads.txtファイルの問題を修正する必要があります。

だそうです。

「収益への深刻な影響を避けるために」という言葉が非常に気になります。

ということで、ちょっと対応してみました。

7/25追記)

その後すぐに、日本語のメッセージが表示されていました。

「要注意-収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルの問題を修正してください。」のヘルプを確認

この警告メッセージの右にある「ヘルプ」を押すと、Googleのヘルプ画面に飛んだので読んでみましたが、いまいちよくわかりません。

もうちょっと、馬鹿でもわかるようにお願いします^^

ads.txt に関するガイド - AdSense ヘルプ
ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB Tech Lab によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテ

一通り読んでみると、「ads.txt は、使用することを強くおすすめします。」と書かれているので、素直にこのページに書かれている対応方法をやってみることにします。

ちなみに、ads.txtで検索していろんなサイトの情報を読みましたが、「特にads.txtは設置する必要がない」と書かれているところがかなり多い。

でも、書いている警告のメッセージが違うんですよね。

とにかく、わざわざGoogleが赤く目立たせて警告するぐらいだから、素直にads.txtを設置してみることにしました。

Googleのヘルプページに従ってads.txtを設置してみる

手順は、ads.txtのテキストファイルを作成して、ブログ(ドメイン)の一番大もとのフォルダ(ドメインのルート)にアップロードすればいいだけのようです。

ads.txtを自分で作る必要はなく、ダウンロードできる

Googleのヘルプページには、次の1行を書いてads.txtという名前で保存しなさいと書いています。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

pubの後のゼロが沢山並んでいる部分は、「サイト運営者ID」を書けばいいようです。

 

と、ここまで書いて、警告メッセージの右側に「FIX NOW」というリンクがあるのに気づきました。

このリンクを押して見ると、下のような画面が表示されます。

※アドセンス申請したすべてのサイト名が表示されるようです。

「ダウンロード」ボタンを押したら、ads.txtがダウンロードできます。

しかも、中身を確認したら、「サイト運営者ID」が既に入っていたので、わざわざ自分でads.txtを作る必要もないようです。

あとはアップロードするだけ。

ads.txtをアップロードする

次は、契約しているレンタルサーバーにFTPで接続して、ドメインのルートディレクトリと呼ばれているところにads.txtをアップロードします。

僕はXServer使っているので、XServerを例に書きます。(FFFTP使用)

他のレンタルサーバーはどうか知りませんが、XServerのドメインのルートは/ドメイン名/public_htmlのようです。

このディレクトリにads.txtをアップロードすれば設置は完了です。

設定は以上ですが、ひとまずやれることはやりました。

一応、アドセンス広告を貼り付けているすべてのドメイン(ブログ)のルートディレクトリにads.txtをアップロードしています。

この警告が消えるのか、ずっと残ったままなのかしばらく様子を見てみます。

7/25追記)

ads.txtを設置した次の日にはもう警告が消えてました。

Googleにしては対応がいつにもなく早かったです^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました